イオン交換フィルター付き逆浸透膜浄水器 アンダーシンクタイプ

型番 SNW-IONUNDER
販売価格 75,384円(税5,584円)
購入数

イオン交換逆浸透膜浄水器
アンダーシンクタイプ



浄水器本体とタンクは流し台の中に収納してスッキリと、浄水後のお水は専用蛇口からお使いいただけます。

浄水器のRO膜(逆浸透膜)は実績のあるUSAダウケミカル社のFILMTEXを使っており、部品もすべてNSF(アメリカ国際衛生財団)の厳しい規準をクリアーしています。

イオン交換樹脂フィルターで放射性物質もほぼ完璧に除去するので、妊婦さんや小さなお子さんのいるご家庭でも安心してお使いいただけます。

アメリカからやって来たこの小さな浄水器は、お水に含まれる有害な不純物を取り除くだけでなく、お水が持つ本来の美味しさを引き出してくれます。

RO膜(逆浸透膜)の仕組み


RO膜(逆浸透膜)の仕組み




RO膜浄水器 アンダーシンクタイプの特徴
水圧のみで浄水するので電源は要りません。
高性能フィルターとわずか0.0001ミクロンの穴を持つRO膜(逆浸透膜)を通す事で、お水に溶けだした有害物質を徹底的に取り除き、放射性物質のヨウ素やセシウムも除去します。
雑味のないおいしい水なので、ご飯も美味しく炊けて料理も素材のうま味を引き出してくれます。
お茶やコーヒーもまろやかで香りの高い出来上がりになります。
赤ちゃんのミルクを作るのに最適なお水を作ります。
アンダーシンクタイプは水道水と同じよう専用蛇口からお水が汲めます。
メンテナンスはご自分で出来るので、部品代だけの負担で済みます。
フィルター交換の目安、ステージ1とステージ2は約10か月セット価格で7,020円(税込)、ステージ3は約3〜5年価格は10,080円(税込)、ステージ4は約2年価格は4,428円となっています。
本体の原価償却、フィルター交換の経費を計算してもお水を買うより断然お得で、サーバーを置くより経済的です。
商品内訳 
スタンダード専用蛇口・RO膜(逆浸透膜)浄水器・5Lタンク・TDSメーター


アンダーシンク設置イメージとサイズ


アンダーシンクタイプの設置イージ



アンダーシンクタイプは業者取付けになりますので、取付け費用が発生します。
工事費の目安は基本料金25,000円と交通費等で約10,000円の計35,000円程度。
なお詳しくはご購入前にお問合せ下さい。


Your recent history

Recommended

Mobile